調剤薬局事務・資格取得への道

調剤薬局事務と医療事務の違い - 調剤薬局事務・資格取得への道

調剤薬局事務・資格取得への道 > 調剤薬局事務と医療事務の違い

調剤薬局事務と医療事務の違い

医療系の事務資格には、調剤薬局事務の他に医療事務があります。
医薬分業の観点から病院で行う医療事務と、調剤薬局で行う調剤薬局事務に分類しているのですが、業務内容や資格取得のための知識も違います。

医療事務は、病院で行われること全てに関する知識が求められます。
通院患者の対応だけでなく入院や手術をした場合、院内処方をした場合の事務処理も医療事務で対応しています。
医療事務が作成する書類は、診療報酬明細書で医科と歯科に分かれています。
そのため、学習範囲が広く、資格取得には時間がかかると考えて良いでしょう。

一方、調剤薬局事務は、医療事務の対応範囲に入っている調剤に特化した知識が求められます。
調剤薬局事務が作成する書類は、調剤報酬明細書です。
調剤薬局事務には医療事務にないメリットがあり、登録販売者という上級試験に挑戦する権利を得ることが挙げられます。
登録販売者は、薬剤師不足の解消のため2009年に設けられた資格です。
医薬品には1~3類があり、薬剤師資格があれば全ての対応が可能、2~3類医薬品は登録販売者で対応可能、3類は一般スタッフのみで販売が出来るものと決まっています。
調剤薬局事務として1年間の実務経験を持つと登録販売者の受験資格が得られ、ドラッグストアなどでも求められる人材になるのが特徴です。

医療事務と調剤薬局事務では、対応する仕事の範囲が異なりますが、今後の動向を踏まえると調剤薬局事務の将来性にも期待できます。
かかりつけ薬局の推進に伴って、調剤薬局が増え、調剤薬局事務もニーズの増加が見込めると考えられています。

top