調剤薬局事務・資格取得への道

調剤薬局事務の難易度は高い - 調剤薬局事務・資格取得への道

調剤薬局事務・資格取得への道 > 調剤薬局事務の難易度は高い

調剤薬局事務の難易度は高い

調剤薬局事務の資格を取得するのは、その資格の種類によって異なります。
8種類のうちの1つである調剤報酬請求事務専門士試験は、歴史のある試験で認知度が高い資格ですが、その合格率も特徴的です。
この試験は1級と2級に分かれており、2級での合格率は48%程度です。
さらに1級では、20%程度の合格率となっており、調剤薬局事務の中では難関だと捉えられています。
同じジャンルの資格と比較するなら、医療事務は医科で29.4%、歯科で38.5%の合格率のため、調剤報酬請求事務専門士試験の方が合格率は低いです。
合格率の低い資格試験を取得するメリットは、資格に対する習熟度が高く、戦力として頼れる存在になると期待されることでしょう。

もちろん、他の7種類の調剤薬局事務資格も、習熟度レベルを示すことが出来るため就職する際に役立ちます。
7種類の資格は合格率が非公表の資格があるものの、平均合格率が60~70%前後で、比較的取得しやすいと考えられています。
資格取得の勉強を通信・通学のいずれから選ぶのかで、取得できる調剤薬局事務資格は変わるので、ご自身に適したものを選ぶことになるでしょう。
受験者の多さから、医療機関や調剤薬局での認知度が高く、さらに合格率が低すぎない資格が見つかれば、調剤薬局事務としての就労が期待できます。

事務系の資格と考えると、調剤薬局事務は難易度が高い資格ですが、取得できれば一般的な事務職向けの資格よりも待遇の良い仕事が出来ると考えて良いでしょう。
ワークライフバランスを考えて仕事をしたいと思う方にも、最適な資格だと言われています。

top