調剤薬局事務・資格取得への道

調剤薬局事務の資格の種類とは - 調剤薬局事務・資格取得への道

調剤薬局事務・資格取得への道 > 調剤薬局事務の資格の種類とは

調剤薬局事務の資格の種類とは

調剤薬局事務の資格は、主催団体によって8種類に分かれています。
調剤報酬請求事務専門士検定試験、調剤事務管理士技能認定試験、調剤情報実務能力認定試験、調剤報酬請求事務技能認定、調剤報酬請求事務技能検定試験、調剤薬局事務士、調剤薬局事務認定試験、医療保険調剤報酬事務士が全てです。
資格の名称も似通っていますので、どれを選べばよいのか迷う方がいます。

最も長い歴史を思っている資格を選ぶなら調剤報酬請求事務専門士検定試験となり、医療機関での認知度を重視するなら調剤事務管理士技能認定試験が推奨されています。
以上の2つは難易度も高いので、資格としての評価も高いと考えられるでしょう。
調剤情報実務能力認定試験、調剤報酬請求事務技能認定、調剤報酬請求事務技能検定試験、調剤薬局事務士は、難易度が高すぎることなく取得しやすいレベルだと言われています。
難易度が下がると資格の重みが変わることと、実際に調剤薬局事務の仕事に就いてから業務の理解度が異なると判断される場合があります。

このように調剤薬局事務の資格は種類が多いのですが、一概にどの資格を取ると就職しやすいとは断言できません。
お住いのエリアの求人情報を確認しながら、取得していると就職に有利な資格を選定すると、最適なタイプが選べるでしょう。
また、認定校で受講する必要があるので、調剤薬局事務資格の種類に合わせたスクール選定を行うことになります。
どの程度の合格率なのかによって、試験の難易度を判断する際に役立ちますので、いくつかの資格を比較するのも参考になるでしょう。

top