調剤薬局事務・資格取得への道

調剤薬局事務の資格で出来る仕事 - 調剤薬局事務・資格取得への道

調剤薬局事務・資格取得への道 > 調剤薬局事務の資格で出来る仕事

調剤薬局事務の資格で出来る仕事

調剤薬局事務は資格がなくても出来る仕事と言われていましたが、調剤報酬明細書の管理など難しい作業があるので、有資格者を優先的に採用する傾向が強くなりました。
その調剤薬局事務の担当する仕事の内容は、次の通りです。

患者さんから処方箋と保険証を受け取り確認する作業を始めとして、処方箋の内容をコンピュータ入力し、保険証の種類に合わせて請求負担分の計算をします。
処方箋を薬剤師に渡し、薬の処方が終わるころに、調剤事務が支払いの会計処理をします。
患者さんの負担分以外は、保険負担分として調剤報酬明細書を保険機関に提出しなくてはいけません。

1か月分の調剤報酬明細書を集計する作業も、調剤薬局事務の仕事に含まれています。
処方箋の受け取りや薬剤師の受け渡し、患者さんの支払額を計算するのは、それほど難しい仕事ではないかもしれません。
しかし、調剤報酬明細書の提出には締め切りがあり、その作成に間違いは許されないことから、専門的な知識が要求されると言って良いでしょう。

国としてジェネリック医薬品の普及を目指しているため、受付の段階で患者さんにはジェネリック医薬品を使用するかどうかの意思確認も行います。
他には、調剤薬局の開店作業や閉店作業、医薬品を発注・検品・入庫、そして薬局内の経費精算や売上管理も調剤薬局事務が担当する仕事に含まれています。
調剤薬局によっては、薬剤師がレジ打ちをする場合もあるので、その薬局内の分担には多少の差があると思って構いません。
事務的要素が多い中でも、患者さんの対応をする接客要素も欠かせない仕事です。

top