調剤薬局事務・資格取得への道

調剤薬局事務はどのような資格か - 調剤薬局事務・資格取得への道

調剤薬局事務はどのような資格か

医薬分業によって、病院と調剤薬局の担う役割は、別々のものであると明確に分けられました。
そして、病院の会計は医療事務、そして調剤薬局の会計は調剤薬局事務が行うようになり現在に至っています。
高齢化への対応も含め、かかりつけ薬局の存在が重要視されるようになったため、薬剤師と共に欠かせない存在になると期待される職業でもあります。

雇用形態が自由に選べる調剤薬局事務は、正社員だけでなく契約社員、パートやアルバイトの働き方もあるので、仕事とプライベートの両立がしやすくなっています。
子供のいる方も、お子さんの成長に合わせた時間調整をしながら就労できることから、結婚や出産に左右されることなく続けられる仕事です。
「残業をしたくない」「午前中(午後)だけ仕事をしたい」など、希望条件に合わせた選び方も可能です。
また、調剤薬局事務は医療分野の専門資格でありながら、取得しやすい資格であることも特徴に挙げられます。
受付・会計・請求の業務をしながら、患者への対応を行うので、接客的な要素を持っている仕事です。
今後、女性の活躍が求められる中で、家庭を犠牲にせず働けるメリットがあると人気が高くなっています。

現在のところ、調剤薬局は病院周辺に集中する傾向があり、これらを門前薬局と呼んでいます。
しかし、国の政策では門前薬局の調剤報酬を下げる計画があると言われており、病院周辺以外にも調剤薬局が広がる可能性が高まっています。
今後は、自宅近くでも勤務先を探しやすくなることも予測できるため、家庭のある主婦の方からも注目されるようになりました。

top